病院受診の付き添い

施設看護師は病院受診の付き添いもするの?

施設看護師の重要な業務のひとつとして病院受診の付き添いがありますが、施設の形態によって大変さは様々です。

まず、病院受診は基本的に看護師が行う。という施設と、介護職(相談員含む)が行うという2つに別れます。

看護師の数が少ない場合、例えば施設の規模が小さいところなどは看護師が1人/日というところもありますから、現実的に不可能です。こういう場合は看護師が受診の有無を判断し、段取りをとって介護職員にお願いすることになります。

基本、看護師が行くところでは、判断から段取り、受診まで全て行うことなります。

難しいところとして、入院などになった場合、メインは介護職員がケアしていますから看護師は日常のケアやADL、その人のこだわりなどをそれほどきっちり把握しているわけではありません。しかし、受け入れ側の病院はその辺りを知りたいわけですから、答えるこちらとしては歯切れが悪くなります。どうしても答えられない時は、質問をまとめてもらって電話やメールで施設に確認してから答えるというようなことをします。

こう書くと簡単なようですが、受け入れ先の看護師からは「そんなこともわからないの?」的な目で見られるわけで冷や汗が出るところです。
こうならないためにも準備をする時間がある時はしっかり準備してから受診に付き添いましょう。

病院併設でない場合はもっとむつかしい

施設が病院併設であれば系列病院ですから、「受け入れ先がない!」という事態はあまり起こりませんが、併設の病院がない場合は大変です。

高齢者でも麻痺などがあったり、認知症があったりすると、断られる率が高くなります。そうなると、いろんな病院に電話をかけまくらねばなりません。救急車という手もありますが、緊急性がなければ呼べませんし、救急車を呼んでも「病院決まってますか?」「先に探してもらわないと困りますねぇ」と言われてしまいます。

調子の悪い入所者さんを置いて、1時間以上も病院を探すなんてこともザラにあります。

病院としては、同じ病気を診るなら自立している健常者の方がコスト的に楽なのでしょう。たらい回しが問題になっていますが、まさにそれを目の当たりにします。

これを回避するためには、提携病院を作っておくこと。病院の中には、受け入れ先のない患者をどんどんとることで儲けようとしているところもあります。日頃からそのような病院の地域連携室などに電話してみて、状況を説明し、道を作っておくと仕事が楽になります。

ただ、そういう病院はあまり評判が良くないところが多いので、致し方なくという感じになりますが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です